AnkorWat

アンコール王朝の歴史

緑字は美術様式の指標となる遺跡
事項 アンコール諸王
(治世年)
寺院・遺跡 日本
<プレ・アンコール期>
1世紀 カンボジア南部に扶南がおこる
(~7世紀)
オケオ(2~7世紀)
229 中国・呉の使節が扶南へ
扶南でクシャン朝の使者に会う
239:卑弥呼が魏へ使節を送る
6世紀後 真臘(クメール)メコン川中流域に興る
扶南、アンコール・ボレイへ遷都
アンコール・ボレイ
(6世紀前半~7世紀)
588:蘇我馬子、飛鳥寺建立
7世紀前 扶南、真臘に併合される サンボール・プレイ・クック
(7~8世紀初頭)
645:大化の改新
706頃 真臘が水真臘(メコン川下流域)・陸真臘(カンボジアから東北タイ)に分裂 アク・ヨム(7世紀後半) 710:平城京遷都
8世紀半ば 水真臘がシュリヴィジャヤ(スマトラ島にあった王国)に服属? 752:東大寺大仏開眼
<アンコール期>
802 ジャヤヴァルマン2世即位
アンコール王朝おこる
ジャヤヴァルマン2世
(802~834)
ジャヤヴァルマン3世
(834~877)
794:平安京遷都
877 インドラヴァルマン王がハリハラーラヤ(現・ロリュオス遺跡)を都城とする インドラヴァルマン1世
(877~889)
プリヤ・コー、バコン
889 第1次ヤショダラプラ(アンコール都城)造営 ヤショヴァルマン1世
(889~910頃)
ロレイ、プノン・クロム
890頃 ヤショヴァルマン1世、東バライ完成 894:遣唐使を中止
ハルシャヴァルマン1世
(910頃~922頃)
王宮、プノン・バケン
プラサット・クラヴァン
イーシャナヴァルマン2世
(922頃~928)
928 コー・ケーへ遷都(~944) ジャヤヴァルマン4世
(928~942)
コー・ケー 935:平将門の乱
ハルシャヴァルマン2世
(941~944)
プラサット・トム
944 ヤショダラプラへ遷都。全国統一 ラージェンドラヴァルマン1世
(944~968)
バクセイ・チャムクロン
東メボン、プレ・ループ
バンテアイ・スレイ
975 西バライ工事開始 ジャヤヴァルマン5世
(969~1000頃)
クレアン、ピミアカナス
ウダヤディティヴァルマン1世
(1000頃)
タ・ケウ
ジャヤヴィーラヴァルマン1世
(1002~10頃)
スピアン・トマー
1020 西バライ完成 スールヤヴァルマン1世
(1011~50)
1016:藤原道長、摂政に
ウダヤディティヴァルマン2世
(1050~66)
パプーオン 1051:前九年の役(~62)
ハルシャヴァルマン3世
(1066~80)
西メボン、プリヤ・ヴィヘヤ
ジャヤヴァルマン6世
(1080~1107)
ベン・メリヤ 1083:後三年の役(~87)
1086:白河上皇院政を始める
ダラニンドラヴァルマン1世
(1107~13)
チャウ・サイ・テウダ
トマノン
1113 スールヤヴァルマン2世即位
アンコール・ワット造営開始
スールヤヴァルマン2世
(1113~50頃)
アンコール・ワット
テップ・プラナム
プリア・パリライ
1145 アンコール朝のチャンパ(ベトナム中南部)支配(~1149) ヤショヴァルマン2世
(1150頃~1165)
プリア・ピトウ
バンテアイ・サムレ
1156:保元の乱
1159:平治の乱
トリブヴァナーディティヤヴァルマン(1165~77)
1177 チャンパ軍のアンコール都城占領(~1181)
1181 ジャヤヴァルマン7世即位
アンコール・トム造営開始
アンコール最後の黄金時代
ジャヤヴァルマン7世
(1181~1219頃)
バイヨン 1180:東大寺炎上
1185:平氏滅亡
1190 アンコール朝のチャンパ支配(~1219) タ・プローム
プリヤ・カーン
ニャック・ポアン
1192:源頼朝、鎌倉幕府を開く
1200頃 灌漑技術の変革(バライ建設中止)。
橋と土手を貯水のために整備。
タ・ソム、スラ・スラン
象のテラス、ライ王のテラス
アンコール・トム
バンテアイ・クデイ
13世紀初 アンコール・トム完成
領域内に107施療院、121宿駅建設
チャンパを併合(1203~20)
スピアン・メーマイ
各地の石橋遺構、施療院礼拝堂、灯火の家
バンテアイ・チュマール、コンポン・スヴァイのプリヤ・カン
1205:『新古今和歌集』完成
<ポスト・アンコール期>
インドラヴァルマン2世
(1220頃~43)
1240頃 (シャムのスコータイ王朝成立)
スコータイからクメール勢力を駆逐
ジャヤヴァルマン8世
(1243~95頃)
1250 アンコール地方の洪水
1296 周達観、元朝の使節に随行してアンコールを訪問(~1297)。『真臘風土記』を著わす シュリーンドラヴァルマン1世
(1295~1307)
1274:元寇、文永の役
1281:元寇、弘安の役
1309 アンコール・トム内に最初の上座仏教寺院マンガラールタ建立 シュリーンドラジャヤヴァルマン
(1307~27)
ジャヤヴァルマーディパラメシュヴァラ1世(1327~53?)
1351 (シャムのアユタヤ王朝成立) 1338:足利尊氏、室町幕府を開く
1371頃 アユタヤの攻撃でアンコール都城陥落。一時占領
1431頃 アユタヤのアンコール攻囲 1428:正長の土一揆
1432 アンコールを放棄。南方の町へ遷都
参考文献:
  「アンコール関連年表」(季刊 文化遺産18、2004年)、石澤良昭・生田滋『世界の歴史13 東南アジアの伝統と発展』(中央公論社、1998年)、
  石澤良昭『興亡の世界史11 東南アジア多文明世界の発見』(講談社、2009年)